哲学堂鍼灸院
哲学堂鍼灸院

難聴について

 

日常生活の中で音が聞こえずらくなる症状のことを『難聴』と言いますが、一般的には加齢による難聴がよく知られおり、65〜74歳までで3人に一人、75歳以上になると約半数の人が難聴に悩まされていると言われています

 

加齢が原因となる難聴は、40代の頃から高音域に対する聴力レベルが低下し始め、60代になると『軽度難聴』レベルまで聴力が低下してしまう音域が広がり、70代ではほとんどの音域が『軽度難聴〜中等度難聴』レベルまで聴力が低下してしまいます。

 

難聴の原因

 

その他の難聴の原因には、中耳炎などの病気や薬の副作用、大きな音に晒されるなどの音の環境によるものなどがありますが、構造的には次の3種類に分けることが出来ます。

 

① 伝音難聴

空気の振動を鼓膜に集め、耳小骨で振動を増幅して内耳に送る間のどこかで障害が起こり、
難聴となるケースです。

 

② 感音難聴

耳小骨からの振動を電気的な信号に変換して脳に送る過程のどこかに障害が起こって難聴となるケースです。

 

「突発性難聴」、「加齢性難聴」、「騒音性難聴」、「先天性難聴」、

 

などがこの感音難聴になります。

 

③ 混合性難聴

伝音難聴と感音難聴の2つが合併して起こる難聴です。

 

難聴の治療について

 

難聴の治療において大切なポイントは、なるべく早く耳鼻咽喉科や脳外科などで専門的な検査をして治療を開始することです。

 

治療開始が早ければ早いほど、治療効果が高いと言われています。

 

鍼灸治療の適応となるのは、脳や中枢神経が原因となる難聴では無い場合、腫瘍などの明らかな器質的原因がない場合は、鍼灸の適応となります。

 

鍼灸治療は、気血の流れを良くして、自律神経やホルモンバランスを整えることで、本来持っている自然治癒力を活性化させて治す方法なので、病院での薬の治療と同時に行っても、薬の作用を阻害したり、身体に副作用を引き起こしたりする事はないのでご安心下さい。

 

難聴は当院にお任せ下さい

 

難聴と一言で言っても原因は様々です。一人では気づきにくい病気ですが、放置しておくと悪化していく可能も考えられます。

 

少しでも違和感を感じたら、哲学堂鍼灸院へお越しください。

 

当院は、皆様一人ひとりに合わせた治療法で、必ず症状の改善のお手伝いをすることをお約束します。

 

哲学堂鍼灸院は、皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話 line
  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

哲学堂鍼灸院

住所:〒165-0024 東京都中野区松が丘2-3-5※線路沿いを歩いて、踏切を超えないで、道路を反対側にわたり、哲学堂方面の一つ目の信号を左折してすぐ

アクセス(電車):西武新宿線【新井薬師前駅】下車 北口より沼袋方面に徒歩約5分

アクセス(バス):関東バス 中25・27・28系統 江古田行【大下橋バス停】下車 徒歩約1分