哲学堂鍼灸院
哲学堂鍼灸院

顔面神経麻痺について

 

顔面神経麻痺は、顔面神経が何かしらの原因によって傷つけられ、顔面の筋肉を上手く動かせなくなって発症します。

しかし実は、顔面神経麻痺の症状を呈する病の約60%は『ベル麻痺』と呼ばれる原因不明の特発性麻痺だと言われています。

 

顔面神経麻痺に対する治療

 

顔面神経麻痺は自然と治ることが多いと言われることもありますが、症状の程度や治療を開始する時期によって、治りが遅くなったり、後遺症が残ってしまったりする場合があるので、発症後2week以内に治療を開始することが望ましいです。

 

 

病院での一般的な治療は、ステロイド剤や抗ウイルス剤、ビタミン剤などを投与する薬物療法や、星状神経ブロックなどの治療法が行われます。

 

 

鍼灸治療にいらっしゃる多くの顔面神経麻痺のかたは、病院での治療で治らず、発症後数ヶ月〜数年経過してからご来院下さる場合が多いですが、鍼灸治療によって本来持っている自然治癒力が高まり、麻痺した神経を修復し、血行改善によって強張った筋肉がほぐれることで、口角の動きや目の動きが改善されて喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

 

顔面神経麻痺は、

 

① 原因が特定できる『症候性顔面神経麻痺』

 

② 原因不明の『特発性顔面神経麻痺』

 

という2つに分けることが出来、特発性麻痺の代表的なものが、先ほど紹介した『ベル麻痺』です。

 

ベル麻痺の原因

 

ベル麻痺の原因は不明ですが、ヘルペスウイルスによって引き起こされたり、寒冷刺激や過労、ストレスの蓄積なども関係しているのでは?と言われています。

 

画像症候性顔面神経麻痺の原因には、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、聴神経腫瘍や顔面神経腫瘍などの神経腫瘍、中耳炎、シェーングレン症候群、ハント症候群、交通事故などによる外傷などがあります。

 

 

因みに、ハント症候群による麻痺は、顔面神経麻痺の約15%を占めると言われ、麻痺症状が重症であることが多く、後遺症が生じる可能性が高いと言われています。

 

顔面神経麻痺の特徴

 

顔面神経麻痺の症状の特徴は、

 

顔の片側全体が麻痺してしまい、目を閉じられない、口角が下がって唾液が溢れる、額にシワを寄せられない、麻痺側の聴覚が過敏になる、味覚障害、触られても感覚がない

 

などの症状が現れます。

 

顔面神経麻痺は当院にお任せ下さい

 

顔面神経麻痺は後遺症が残るほど危険な病気です。

 

当院は、皆様の症状に合わせた治療を行います。まずは一度当院に貴方のお悩みをお聞かせください。

 

初めての鍼で不安なこともあると思いますが、私たちがあなたのお悩みを改善させるお手伝いをさせて頂きます。

 

哲学堂鍼灸院は、あなたのご来院を心よりお待ちしております。

初回限定キャンペーン実施中

初めての方限定で初回お試しキャンペーン実施中!他の美容院で効果を感じられなかった方など、ぜひ当院の初回限定メニューをお試しください。治療鍼灸メニューもございますので、まずはお気軽にお電話・ご予約ください。

お試し
お試し

ご予約・お問い合わせ

電話 line
  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

哲学堂鍼灸院

住所:〒165-0024 東京都中野区松が丘2-3-5※線路沿いを歩いて、踏切を超えないで、道路を反対側にわたり、哲学堂方面の一つ目の信号を左折してすぐ

アクセス(電車):西武新宿線【新井薬師前駅】下車 北口より沼袋方面に徒歩約5分

アクセス(バス):関東バス 中25・27・28系統 江古田行【大下橋バス停】下車 徒歩約1分